いとをかし香【抹茶】について

印香の一種。温めることにより煙もなく、お茶本来の香りをお楽しみいただけます。

お抹茶の風味を損なわないため、大量生産をしておりません。ご注文をいただいてから全行程を一つ一つ手作業でお作りしています。

日常のリラックスのために、そしてご自宅に大切な方をお迎えする時のおもてなしに。大切な方へのお祝いやお土産にもどうぞ。

加熱専用のお香のため、電気香炉やアロマポット、空薫(そらだき)などで温めてお使用下さい。(「いとをかし香について」をご参照ください)

 

手作り体験について

抹茶の代名詞とも言える宇治で、抹茶を使った新しく楽しい体験はないかと考え、2018年より開催しております。

宇治抹茶をふんだんに入れたお香作りは、作業中も抹茶の香りが楽しめ、粘土状のお香をお菓子の木型で形作る時間は、お子さんも、そして大人も童心に帰って楽しめます。

 

出来上がったお香は、見た目もお干菓子の様に可愛く、眺めているだけで心踊ります。

 

 

宇治について

千年の時を超えて滔々と流れる宇治川と、そして世界遺産「平等院」をはじめとする豊かな歴史・文化資源 に恵まれた宇治。また、万葉集や平家物語など数多くの文学に登場し、世界に誇る長編小説『源氏物語』の第三部 「宇治十帖」の舞台としても有名な宇治は、 鎌倉時代になると、栂尾高山寺の明恵により茶が伝えられ、信長や秀吉の庇護のもと、茶の産地として名声をあげます。

政治の中心が江戸に移ってからも、宇治茶は高級茶として珍重され、現代においては世界的にも高級抹茶の代名詞としてその名が浸透しています。

店主のおすすめ宇治情報はこちら→(作成中)

 

INCENSE KITCHENについて

2018年よりお菓子の様なお香「いとをかし香」の制作・販売を開始。「いとをかし香【抹茶】」の制作体験‘’宇治で抹茶のお香づくり’’を開催。

令和二年度宇治市創業支援補助金事業に採択。(2020年12月)

JETRO 日本貿易振興機構が主催のクールジャパン海外需要開拓プログラム「TAKUMI NEXT 2021」の採択事業者・商品として、当店と「いとをかし香【抹茶】」が選定。(2021年6月)

経済産業省近畿経済産業局が推進する女性起業家応援プロジェクト「LED関西2021」において本事業と代表がセミファイナリストに選出。(2021年11月)

 

[販売店]

:京都市京セラ美術館ミュージアムショップ「ART RECTANGLE KYOTO」様

:宇治茶と歴史の博物館「茶づな」様

 

〒611-0021京都府宇治市宇治山本1-150

Tel     0774-27-2561/090-8753-1838

Mail  incensekitchen@gmail.com

 

店主について

INCENSE KITCHEN(インセンス キッチン)店主  後藤恭子

京都府京都市生まれ。京都府城陽市に15年在住後、10年以上京都を離れたのち2012年より母の出身地・京都府宇治市に移り住む。

お茶・お花・着付けを習っていた母の影響で、幼少より和文化に親しむ。

普段からお香を愛用し、香道の流派・泉山御流にて香りの勉強を重ねながら、「いとをかし香」の製作・販売と‘’宇治で抹茶のお香づくり’’を開催。

宇治市内で開催中の‘’宇治で抹茶のお香づくり’’は、京都市・沖縄県石垣市・オーストラリアなどで観光業に従事した経験を持つ店主が提供する、新しい宇治の観光体験です。茶どころ宇治で、抹茶を使った特別な時間をご堪能ください。

(国内旅行業取扱管理者・宇治市観光協会会員・宇治商工会議所会員)