印香について

印香について


「伝統的な香りの文化を現代に」、、、

平安時代に部屋や衣装に香りを焚き染めたり、雰囲気を変えたいときに用いられた練香と同じく、加熱して香りを出すお香の一種。
粉末にした香木に、調合された各種の香草や樹脂類を蜜などで練り固めた練香に対し、印香は香料の粉を練り固めて梅花形などに型抜きして乾かしたものです。

「急ぎ足を止めて」、、、

おこした炭で灰を温め、ひと手間かけてお香を焚きます。急いで香りを出そうとお香を炭に近づけ過ぎると、焦げてしまいます。日々の急ぎ足をちょっと止め、ゆっくりのんびり、柔らかな香りを待つひとときをお楽しみ下さい。煙も出ず、ゆっくりと温められた優しい香りは、きっとあなたの疲れた心や体を優しく包み込むことでしょう。

いとをかし香について


宇治抹茶を贅沢に入れた印香です。菓子木型で一つづつ丁寧に作っています。日本の伝統模様や宇治をかたどった形は、お菓子みたいに可愛く、又焚いても優しいお茶の香りに包まれ、あなたの生活に彩りと癒しを与えます。大切な方へのお祝いやお土産にもどうぞ。